一安(同性) 対人関係

身近にいつもいる関係の方で、さほど気にすることはありません。
破壊の関係でありながら、
利害関係のない友人同士なら、
マイナス面が影響することもあまりなく、
仲のいい関係が保てます。

同じ仕事場で、同等の地位の同僚では、
仲はいいですし、よきライバルです。
この場合、対立するとイヤな相手にも。
同業他社で、競争相手ではしのぎをけずる好敵手。

破壊の関係にかぎらず、
全ての関係において、
力関係や、従順関係は、
円盤の左回り(反時計回り)の流れが基本です。
左回りの上流側が力が強く、上位に立つのです。
破壊の関係の場合は、破壊する側になります。
この流れと同じように、人間関係が従順であれば
→A→Bの場合、
Aが上司・Bが部下
Aが使う立場・Bが使われる立場、
A上・B下の関係では、
非常にいい関係で、人間関係にストレスなく、
仕事もスムーズにはかどるでしょう。。
しかし、これが、逆転する文字通り、
下剋上の場合は、
部下が反逆したりトラブルが起こりますので、
注意が必要です。

親子の場合も同様、
親が上位だと問題ありませんが、
親の優位が、影響して子供が小さく、
縮こまるようになりがちです。
早めに親元から離し、遠くから見守る方が、
将来の両者にとっていい関係となるでしょう。
しかし、逆相の場合は、
注意して子育てしなければ、互いが不幸になります。
夫婦どちらかが、優位になる関係であれば、
緩衝剤のような役目をしてください。
確執が出るまでに、親元から離した生活を、
させるのが一番でしょう。