鳥取池田藩城代家老荒尾家は、

倉吉の領主であったことから、

「倉吉荒尾」と称され、

歴代の当主は、「荒尾志摩守」(あらおしまのかみ)とも呼ばれた。

愛知の知多に出で、戦国の世より、池田家の家臣として仕え、

江戸期には、1万1千石を領した。

※一石とは、「石高」(こくだか)は、簡単に言えば「大人ひとりが一年間に食べるお米の量」です。したがって、1万1千石は、1万1千人を養うだけの生産力=武力があったということです。

満正寺は、荒尾家の菩提寺であるため、

荒尾家より毎年55石余り、寄与されていたといいます。