秋の長雨で、

「雨降って・・・」如く

ひと雨ごとに、地盤が閉まる。

本堂からの雨水は、ボタボタと地面に落下地点の印をつくり、

それは、同時に雪の落下地点を示してくれた。

これを、落雪の融雪とU字溝と集水升の位置に使います。


先日、土地に庫裡実寸を落とした。

素人にもこれなら、わかりやすい。

解体した土地を丸々使う感じです。

今回の建物は、とにかく通路が広く取ってある。

僧侶の衣は広がるので、行事になるとすれ違うことも考慮していますし、

参列者人数も、定刻に合わせて一気に増加する「パブリックスペース」と

なるでしょう。

雨の多い山陰ですから、玄関のポーチは、傘をさす助走区間として、

屋根囲いを付けた状態にしてあります。

Cut2017_0523_1059_15

全体をパノラマで撮影し完成図の向きに置く
Cut2017_1008_0823_06

外トイレ側から
Cut2017_1008_0830_28

地鎮式(起工式)を10月19日に行う予定です。



神社・お寺巡りランキング