山陰倉吉 相性占い 九曜星占盤(くようせいせんばん)

鳥取池田藩城代家老荒尾家菩提寺 満正寺です。 倉吉のパワースポットでもある境内の「九曜星占盤」で開運指南しています。 特に相性・人間関係を占うことに長け、結婚・仕事の縁組・対人関係に指針を示してくれることでしょう。

カテゴリ: エンゼルリング

先日、母校の小学3年生がお寺に取材に来られました。

我が身が思い出されます。

今年の初春に亡くなられた、吉田ゴロウ先生が小3・4の担任でしたね。


その日は、男子2人・女子2人のグループと教頭先生がお越しに、

本堂に上がって、子供らの質問にホワイトボードに書きながら説明しました。

(漢字を使わない説明って結構難しいですね。)

子供らの質問に少々戸惑いながら、

1時間くらい談笑。


先日、担任の伊田先生が新聞をご持参くださいました。

めいりん1
(個人名やらプライバシーの所は、墨入れました。)

ちょっと、説明不足だったりして反省。(^_^;)




神社・お寺巡りランキング


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

霊峰大山が、CMに出ると、

オシャレな感じだいな!

子供ころから毎朝、眺める大山が全国版に出ると、

行きたくなるね。

daisen





サントリー天然水 奥大山ブナの森工場 http://www.suntory.co.jp/factory/okudaisen/

工場見学は、なかなか面白いです。

途中、蒜山をドライブしながら行くのがいいですね!

住職のおすすめコース



神社・お寺巡りランキング




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

庫裡改築工事の開始と工事期間がほぼ決まりました。

平成29年8月24日より約1年掛けて、

完成は平成30年秋頃の予定です。

倉吉震災復興の大明燈となれば幸いです。

Cut2017_0615_0952_15

昭和30年、戦後倉吉初めての寺庫裡建築で「モダンな建物」と呼ばれたそうですが、

まだ物資の無い時代で、寄せ集めの材で建てられました。

盛り土瓦拭きの土壁で、先の地震でダメージを受けました。

Cut2017_0615_1006_38

8月下旬から解体工事に入ります。

この際、一部区域の参拝を制限致します。

参拝・観光でご不明点があれば、事前にお電話にて対応致しますので、

お気軽にお問い合わせください。

解体に約1か月半はかかるそうです。

その後、整地して・・・・。

となって行きますが、ご報告はおいおい。

それまでに、引っ越し作業で現在大忙しです。

庫裡完成予想図
Cut2017_0523_1059_15

新庫裡の内部は、こちらをクリック!



神社・お寺巡りランキング




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先日、気になる商品を見つけました。

お寺の境内に、案内や注意喚起を掲示しても、見ない・見えない・気にしないになります。

たくさん張り出しても、雰囲気を壊します。

声掛け・案内のセンサーがあればと思ってましたら、

お手頃な、

「動きセンサー・ボイスレコーダー」が


ありました。

「動きセンサー・ボイスレコーダー」リスト

さっそく、お試し購入して、試してみました。

電池は、単3が3本・・・充電式を入れれば経済的!

ボイス録音は、スマホで、お手軽にできます。そのデーターはメールでPCへ

接続USBは、プリンターのUSBと同型だから、お手軽。

専用ソフトで細かい設定もできるので、アイデア次第でイケそう!


録音時間も長いから、お経もいけそうです。(夜中にセンサーが反応したら怖いかもね・・・)



観光案内・防犯警告・誘導指示等、使えますね。

導入を考えてみてはいかがでしょうか?





神社・お寺巡りランキング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先般の庫裡の改築のお知らせについて、

期せずして、反響が大きかったです。

地震後ですし、倉吉にとっても復興の旗日になれば嬉しいですね。

来年は近所に「円形劇場」がオープンします。

境内や町に、九曜星占盤の参拝者と観光客が混在する事を期待します。

今回、

満正寺を、未来・今後いかに継続させるか?を考えました。

維持には、今後、減築もやむおえないながら、

プライベート(私)とパブリック(公)の混在した寺を、

住職が子供の頃から味わった、私怨に近い思いもあり、

徹底的にスペースを分離させました。

そして、「防犯」です。

境内の広さと多数来客に対して少数で管理(掃除含)しなければなりません。

目の行き届く(監視)と来客の把握ができることを重視しています。

それでは、

新庫裡の内部です。
Cut2017_0523_1417_55


玄関の真正面にある二間続きの奥座に

倉吉市重要文化財の「延命地蔵」が祀られます。

玄関手前に受付・寺務所がありここに、住職らが常駐します。

パース3

法要のキャパが最大100人位ということで、百足の下駄箱。

時間厳守の参集・解散が主な形態、一気にドッの出入りとなるので、

一間開きの玄関扉で、出入りがスムーズにできる。

Cut2017_0523_1449_06

バリアフリーで、本堂まで行ける。

Cut2017_0523_1510_26

法要の控室はもとより、

間仕切りを自由にセパレートして廊下も含めて自由空間として使用できます。

Cut2017_0523_1511_29

Cut2017_0523_1520_40

一間縁側廊下から眺める庭まで、パブリックスペースとして開放する。

そのかわり、私的(プライベート)な部分は立ち入れないように、区切るのが、

新庫裡のコンセプトです。

設計・施工は、山陰中央「めざましテレビ」提供でおなじみの、

株式会社ウッズカンパニー」さんです。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

改築の話が出てから、かれこれ3年ですかね。

倉吉界隈では、「満正寺が檀家と騒動になっているらしい・・・」みたいな、

よくある噂まであったそうですが、

当事者は、寺の未来の為にどうするべ?

「金ねーしな!」

「過疎化・少子・高齢で檀家も減るしな!」

「メンテナンスがしやすく今後50年のな!」

「バリヤフリー」

やら、なんやら挙げて問題点の解消やらが時間を費やしてました。


そして、設計・施工は今や何やら県内1となった。

お檀家の建築会社にお願いしました。



ここまでが、昨年の話で改築にかかろうか?と思ったところの

10月にドーンと「鳥取中部地震」でしたので、

落ち着くまでと思っていたら、

今度は、「豪雪」と自然の猛威があったもんですから、

改めて図面を再考査しておりました。

そして、こんな感じに出来上がりました。

満正寺の新庫裡です。
Cut2017_0523_1059_15

地震の教訓で棟瓦は作らない平板瓦で軽くガッチリ。

豪雪の教訓で屋根の雪は落とす。

参考:平成17年豪雪時の境内写真

本堂前の雪で参道が使用できないので、「積雪時通路」に融雪ホースを敷く。

参拝者用の「外トイレ」が前部にあります。

受付・玄関前のポーチ(テラス)を屋根でカバーしました。

山陰は、雨も多いので、雨を気にすることなく。

「九曜星占盤のお札」「御朱印」「授与品」をお渡しできるようになります。

(内部は次回 その2にて)

現在、旧庫裡の解体時期を業者様に伺っているところです。

なので、中は、庫裡の引っ越し整理中です。

不要になる年代物の品やらは、ガレージセールを計画しております。

ご希望の方は、満正寺の連絡ツールはお見逃しなく!


併せて、現在、「庫裡改築篤志寄付」を募集しております。

一口、壱萬圓にて御縁者を募っております。

宜しく、お願い致します。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

DSCN0491

倉吉市仏教会の花まつり(稚児行列)は戦後から始まったそうですが、

今年も、

5月28日(日)に開催されます。

現在、お稚児さんを募集しております。

当日は、白壁土蔵群界隈を練ります。

hanamaturi29


倉吉市仏教会花まつりPDF

その前に、花まつりの賛助金の勧募に回りますので、

被災後で大変かと存じますが、

御仏への報恩が果報へ転じる事と存じますので、

倉吉市の事業所・賛助者の皆さまよろしくお願い致します。

Cut2017_0512_1720_04



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ