山陰倉吉 相性占い 九曜星占盤(くようせいせんばん)

鳥取池田藩城代家老荒尾家菩提寺 満正寺です。 倉吉のパワースポットでもある境内の「九曜星占盤」で開運指南しています。 特に相性・人間関係を占うことに長け、結婚・仕事の縁組・対人関係に指針を示してくれることでしょう。

カテゴリ: 鳥取中部地震

先般の庫裡の改築のお知らせについて、

期せずして、反響が大きかったです。

地震後ですし、倉吉にとっても復興の旗日になれば嬉しいですね。

来年は近所に「円形劇場」がオープンします。

境内や町に、九曜星占盤の参拝者と観光客が混在する事を期待します。

今回、

満正寺を、未来・今後いかに継続させるか?を考えました。

維持には、今後、減築もやむおえないながら、

プライベート(私)とパブリック(公)の混在した寺を、

住職が子供の頃から味わった、私怨に近い思いもあり、

徹底的にスペースを分離させました。

そして、「防犯」です。

境内の広さと多数来客に対して少数で管理(掃除含)しなければなりません。

目の行き届く(監視)と来客の把握ができることを重視しています。

それでは、

新庫裡の内部です。
Cut2017_0523_1417_55


玄関の真正面にある二間続きの奥座に

倉吉市重要文化財の「延命地蔵」が祀られます。

玄関手前に受付・寺務所がありここに、住職らが常駐します。

パース3

法要のキャパが最大100人位ということで、百足の下駄箱。

時間厳守の参集・解散が主な形態、一気にドッの出入りとなるので、

一間開きの玄関扉で、出入りがスムーズにできる。

Cut2017_0523_1449_06

バリアフリーで、本堂まで行ける。

Cut2017_0523_1510_26

法要の控室はもとより、

間仕切りを自由にセパレートして廊下も含めて自由空間として使用できます。

Cut2017_0523_1511_29

Cut2017_0523_1520_40

一間縁側廊下から眺める庭まで、パブリックスペースとして開放する。

そのかわり、私的(プライベート)な部分は立ち入れないように、区切るのが、

新庫裡のコンセプトです。

設計・施工は、山陰中央「めざましテレビ」提供でおなじみの、

株式会社ウッズカンパニー」さんです。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

改築の話が出てから、かれこれ3年ですかね。

倉吉界隈では、「満正寺が檀家と騒動になっているらしい・・・」みたいな、

よくある噂まであったそうですが、

当事者は、寺の未来の為にどうするべ?

「金ねーしな!」

「過疎化・少子・高齢で檀家も減るしな!」

「メンテナンスがしやすく今後50年のな!」

「バリヤフリー」

やら、なんやら挙げて問題点の解消やらが時間を費やしてました。


そして、設計・施工は今や何やら県内1となった。

お檀家の建築会社にお願いしました。



ここまでが、昨年の話で改築にかかろうか?と思ったところの

10月にドーンと「鳥取中部地震」でしたので、

落ち着くまでと思っていたら、

今度は、「豪雪」と自然の猛威があったもんですから、

改めて図面を再考査しておりました。

そして、こんな感じに出来上がりました。

満正寺の新庫裡です。
Cut2017_0523_1059_15

地震の教訓で棟瓦は作らない平板瓦で軽くガッチリ。

豪雪の教訓で屋根の雪は落とす。

参考:平成17年豪雪時の境内写真

本堂前の雪で参道が使用できないので、「積雪時通路」に融雪ホースを敷く。

参拝者用の「外トイレ」が前部にあります。

受付・玄関前のポーチ(テラス)を屋根でカバーしました。

山陰は、雨も多いので、雨を気にすることなく。

「九曜星占盤のお札」「御朱印」「授与品」をお渡しできるようになります。

(内部は次回 その2にて)

現在、旧庫裡の解体時期を業者様に伺っているところです。

なので、中は、庫裡の引っ越し整理中です。

不要になる年代物の品やらは、ガレージセールを計画しております。

ご希望の方は、満正寺の連絡ツールはお見逃しなく!


併せて、現在、「庫裡改築篤志寄付」を募集しております。

一口、壱萬圓にて御縁者を募っております。

宜しく、お願い致します。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

image
倉吉は、もう普段の朝を取り戻しました!

のんびり復興に取り掛かっています!

「しわいぜ!くらよし!」


さて前回、ガスで煮炊きするアイテムでしたが、

ガスの非常時利用の一つに、LPガス(プロパンガス)

田舎は、都市ガスの配管がありませんから、

各家庭にガスボンベが設置されています。

ガスは、毎月充填交換されていますから、そうそう無くなることはありません。

これを非常時に利用する、または、他所から回収利用することが、

可能になります。

コンロは、もちろんですが、

以外とよく知られていないのが、発電機です。

油系の発電機はおなじみですが、

鳥取中部地震に役立ったアイテム


これで、家庭用電源が使えますから、もしもの時は「安心」の切り札となります。

お寺では、飲料水井戸のポンプの電源として準備してあります。

使用してみると、油系よりむしろこちらの方が、

手も汚れませんし、匂いも少ない、安全でお手軽です。


こんな感じで、被災後約3日間、

電気・ガス・水をどうリカバリーするか?

準備してきたアイテムは大活躍して不便はありませんでした。



最後に、原始的なアイテムも大活躍しました。

ケリーケトル お湯沸かすならこれですね。

鳥取中部地震で役立ったアイテム


ステンレス製(アルミもありますが気になる方!)、最大1.6L、お湯は多い方がいいです。

注意:使用時に取っ手が、煙突(火の)上部に来るので、素手での扱いは危険です。

取っ手横の類似商品が
アルミ製 1.2Lのものがあります。お湯が入れやすい


震災前日も、なぜかこれを使ってお湯を沸かしていましたから、

今となっては、予行演習?!してたようです。

少量の木端(ダンボール・紙等)で、5分もあれば沸きます。

炉を組むこともなく、自然の物で素早く湯を沸かせます。


その他、

ランタン・照明は、LED・乾電池物(就寝中も点灯させる、乾電池が手に入れやすい事)

テーブルは、鍋等、熱いものが直に置ける物。

今回の鳥取中部地震は、南海トラフの前兆とも言われ始めています。

こういった物を、かしこまって準備すると、使わなかったらムダと、

発想してしまいがちですから、

是非!趣味の一環として

ウォーキング・ハイキング・釣り・ドライブ

アウトドア、BBQの道具と併用して、平素から準備していってください。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この地震は、満正寺開山以来最大の地震かもしれない。

昨日、荒尾家墓所に上がってまいりました。

場所はここ↓


地震前は、初代から10代までの倉吉領主の大墓標が立ち並ぶ

荒尾家霊廟でした。
araohaka

それが、今回の鳥取中部地震で、


2016-10-30-14-49-58

2016-10-30-14-50-30

2016-10-30-14-50-51

2016-10-30-14-50-56

2016-10-30-14-51-19

2016-10-30-14-51-14

2016-10-30-14-51-24
2016-10-30-14-51-33

2016-10-30-14-51-07

2016-10-30-14-50-41

かろうじて、墓標が立っているといった感じでした。

満正寺伽藍・境内を守る為に、身を挺したような武士の姿に見えました。

遺産が地震で潰されて行くのが、世の常かもしれませんが、

ここは、九曜の力を復興の力にせねばなりません、

この様な惨状ですので、

皆さまのお力添えをお願い致します。


九曜星占盤にお参りした際には、

是非! 満正寺復興募金にご協力お願い致します。



Cut2016_1028_1335_46


このほど、鳥取県中部地震において

開基:荒尾家霊廟の全高3メートルを超す墓碑4基が倒壊しました。

九曜星占盤を伝える、殿様の墓が倒れました。


これは、倉吉市重要文化財ですので、

今後、倉吉市との協議により復旧がされると思われますが、

多額の修復費が必要と予想されます。

全国の皆さま、

以前より、満正寺九曜星占盤の御縁のある皆さま、

是非とも、皆さまの御支援をお願い致します。


只今、境内に設置します募金所でお願い致します。


この他、募金方法は、現在準備致しております。

今後、お知らせ致しますので、

まずは、お願いまで。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

image

鳥取中部地震での飲食に使ったアイテムをご紹介します。

準備する物の考え方として、

非常事態が起きるのに、夏か冬かでリスクが違いますから、

リスクが大になる、寒冷の冬に重点を置く事がポイントになります。

今回は、鳥取中部地震は季節が晩秋、やや寒くなるところでしたので、

暖房までは、必要無かったですが、

電気・ガスが止まる想定として、

普段使いからお寺では、

これを使っています。


鳥取中部地震で役立ったアイテムです。


「石油コンロ」昭和の遺産みたいな代物ですが、

煮炊きも出来て、暖も取れて、電気もいらない、自動消火と、

その上、燃費もいい!

至れり尽くせりの暖房器具なんです。


これと、同様のカセットガス(CP)用が、これ

鳥取県中部地震で役立ったアイテム


燃焼面を立てると暖房にも使え、寝かせると調理にも使えます。


飯盒でご飯を炊いてみました。

燃焼面が広いので、飯盒の底全面が熱せられるので、上手にご飯が炊けました。

カセットガスは、手軽で手に入れやすいですから、

調理道具としても、2台・3台あった方が、

ご飯用 味噌汁用 フライパン用でも便利ですね。

鳥取中部地震で役立ったアイテム


鳥取中部地震で役立ったアイテム


後の2点は携帯用に便利ですから、

災害用袋に入れておいてもいいです。

カセットガスは、安売りの時に、備蓄するよう心掛けた方がいいですね。

寺には、今回震災時には、3本セットが3つ備蓄してあり、3日間十分賄えました。

実際コーヒーのお湯を沸かすのに、小鍋やシェラカップで、手軽に沸かせます。

カップヌードルを作る時、大活躍でした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

鳥取県中部地震から1週間!

倉吉は、普段の生活に戻りつつあります。

備えあれば憂いなし。

実際に使った震災アイテムを紹介します!

14716292_1142560372486683_4503470148385378582_n

阪神淡路大震災から11年、今となっては、

炊き出しのボランティアが、啓示だったように感じます。

あれから、コツコツと趣味のアウトドアと相まって、

アイテムを増やしていたところに、

今回の震災が襲来!!

「ホントに来た!」って感じでした。


まずは、水の確保 地震後「停電」→「ポンプ停止」→「貯水池(タンク)の残水」

すぐに、タンクを蛇口に設置し、

頼りない出方の水を入れる↓このタンク2個の水(40リットル)確保

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロコロタンクW−2S
価格:1440円(税込、送料別) (2016/10/29時点)


鳥取県中部地震で役立ったアイテムです。


その間に、近所にも「水を確保するよう」呼びかけをする。

余震もひどい。

夜の準備に取り掛かる。

本震かわからない不安があるため、

以前より被災した際には、プレハブガレージを避難所にする計画でした。

鳥取中部地震で役立ったアイテムです。


震災に強いのは、プレハブです。

ここに、寝食道具を運びこめば安心です。


寝床は、普段、境内にある縁台 2つを持ち込みベッドにしました。


鳥取県中部地震で役立ったアイテム


その上に、寒気も遮断する車中泊用マットを敷きまして、

その上に、シュラフ(寝袋)を準備しました。


鳥取県中部地震で役立ったアイテム


妻は、この中に「湯たんぽ」入れて寝たところ、

暑過ぎてサウナ状態になったとのこと(笑)。
(極寒でもいけそうですね・・・)


先ほど、余震震度4が来ましたが、被害ありませんでした


Cut2016_1028_1335_46




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

九曜星占盤にお参りした際には、

是非! 満正寺復興募金にご協力お願い致します。



Cut2016_1028_1335_46


このほど、鳥取県中部地震において

開基:荒尾家霊廟の全高3メートルを超す墓碑4基が倒壊しました。

九曜星占盤を伝える、殿様の墓が倒れました。
araohaka

これは、倉吉市重要文化財ですので、

今後、倉吉市との協議により復旧がされると思われますが、

多額の修復費が必要と予想されます。

全国の皆さま、

以前より、満正寺九曜星占盤の御縁のある皆さま、

是非とも、皆さまの御支援をお願い致します。


只今、境内に設置します募金所でお願い致します。


この他、募金方法は、現在準備致しております。

今後、お知らせ致しますので、

まずは、お願いまで。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ