山陰倉吉 至極の相性占い 九曜星占盤 9 stars horoscope of the world

鳥取池田藩城代家老荒尾家菩提寺 満正寺です。 倉吉のパワースポットにある。日本最大のホロスコープ「九曜星占盤(くようせいせんばん)」で開運指南しています。これは、相性・人間関係を占うことに極めて優れていて、全国から、恋愛・結婚・仕事の縁組・親子・対人関係の解決の糸口を求めに参拝されます。「一生の指針」と「龍穴」の境内から湧き出る力をお授け頂けることでしょう。

カテゴリ: 満正寺庫裡改築

先日、

法事でお檀家衆を本堂で待っていたところ、

庫裡の現場に入る不審者を捕まえて、

「法衣」を着ていたのと、法事を遅らせる事もできず、

尋問をしただけで、解放したのですが、

「工事現場泥棒」って出るもんですね。

現場の職人が、近くの現場で盗むって感じで、

それから、防犯の警戒の為、

現場の進捗状況の写真をUPするのを控えるようにしました。

建物内の構造が不特定多数に見られるのは、

防犯上の為に良くない事ですから・・・


東北の震災後、寺の復興現場では、建物に配した電気ケーブルを、

切断して盗む被害も出たそうですから、

防犯・セキュリティー機器も不審者の警戒も抜かりなく、

セキュリティーレベル アゲアゲで、

完成まで無事に行きたいものです。



2019年5月22日 外壁(サイディング)取り付け工事

Cut2018_0523_1422_21

Cut2018_0523_1424_56

Cut2018_0523_1427_39
軒下


神社・お寺巡りランキング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

基礎工事が終わり、いよいよ建築へ、

1月30日を上棟日(たてまえ)に予定(雨天順延)しています。

おりしも、寒波到来と雪とのおりあいをつけながら・・・。

2018年1月18日 土台部材搬入

2018年1月19日 土台組み 1

2018年1月20日 土台組み 床断熱材入れ

2018年1月21日 土台組み 断熱材 床合板張り

1/22 大寒波到来

2018年1月29日 上棟前日 足場組み

前日の雪も止み、上棟の2日間は穏やかな日和となりました。

無事、屋根の下地まで仕上がり、雪の心配も一先ず安堵しました。

2018年1月30日 上棟初日

2018年1月31日 上棟二日目 屋根防水シート張り

2018年2月1日 屋根防止下地材張り 内部構造施工

2018年2月2日 屋根横桟打ち 瓦葺き 内部構造施工

2018年2月4日 寒波到来

2018年2月5日 内部工事へ移ります


2018年内部工事
低温の為、撮影空白時間があります。

2018年2月13日

2018年2月14日

2018年2月15日

2018年2月16日

2018年2月17日

2018年2月19日

2018年2月20日

2018年2月21日

2018年2月22日 内部断熱材吹き付け(ウレタン発泡)

IMG_1886

2018年2月23日 内部吹き付け2日目

2018年2月25日~3月3日

IMG_1887
サッシ取り付け

IMG_1885
天井張り
2月9日現在、本堂スロープ フローリング施工中



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

IMG_1880

3月1日は、毎年の秋葉大権現の火防祈祷会。

秋葉大権現は、AKBの秋葉原と関係ある火の神様なんです。

もっとも、こちらは、地元鍛冶町が名前のとおり、鍛冶屋の町であることから、

火を扱うので守り神様として山の上から満正寺の伽藍と町を見守る為に、

山頂にお社があるんです。

中腹の赤い屋根の別名「めいりんの投げ入れ堂」は、「こもり堂」といい、

祭りの日に若い衆が1昼夜参籠(さんろう)するための小屋だったそう。

IMG_1873

山頂からの境内を眺めると、現在建設中の新庫裡全景が。

新庫裡は、

現在、壁・屋根裏に断熱材を吹き付け、釣り天井を作っているところです。

そして、いよいよ棟は上がったのですが、

檀家の参集のもと、棟札を上げる祈祷式を営みます。


Cut2018_0302_0848_08


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

大寒波の本日1/24は、

来山者も無く、山内で一人

1月30日の上棟にあたり、棟札書こうと思い、

金文を構成しています。

さて、この金文(文書)は、呪術的(シャーマン)の要素が見られ、

當山の伽藍神である「秋葉大権現」もそうですが、

禅宗の棟札では、火を止める 防火に気を使います。

火を止めるは、「水」 水を司るは、「龍」 水の神「壬癸神」

水の仙人「宋無忌」 全ての水「四海水」

ありとあらゆる多方面の 水を用いて 火を防ぐことを

棟札に込めています。


曹洞宗の方で、今後棟札を書かれる場合

調べてて解ったのですが、

「曹洞宗の書式」斎々坊に掲載されているものに、

寺有  癸神と記されていますが、
王ではなく壬(みずのえ)癸(みずのと)ですので、

お間違えなく。

字をもって神佛を示すものに、

後世に、あやふやに伝わる危険がとても恐ろしい気がします。


「止水偈」

寄語宋無忌 (ごを、そうむきによす) 

火光速入地 (かこうすみやかに、ちにいらんことを)

寺有壬癸神 (てらにじんきしんありて)

日献四海水 (ひに、しかいのみずをけんぜん)


失火の無い満正寺なればこそ、

後世まで、

水の力に畏敬の念を込めて、書したいと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

工事経過を定点カメラ動画でご紹介します。

満正寺のフェイスブックでも、随時UPしていますのでご覧ください。

2017/11/16 丁張り

2017/11/17 根切り工事

2017/11/18 地業

2017/11/20 砕石敷き

2017/11/25 上下水道基礎配管

2017/11/27 防湿シートと捨てコン

2017/12/02 防湿シートと基礎配筋

2017/12/04 基礎配筋2

2017/12/05 基礎配筋3

2017/12/06 JIO配筋検査と基礎生コンのレベル打ち

2017/12/07 底盤部分の生コン打設

2017/12/09 基礎立ち上り型枠設1

2017/12/11 立ち上り型枠設2

2017/12/12 立ち上り型枠設3


2017/12/14 立ち上り生コン打設

2017/12/18 型枠はずし

2017/12/20 水回り・玄関土台敷き

2017/12/22 かさ上げ生コン打設準備

2017/12/26 かさ上げ生コン打設

2017/12/28 かさ上げ型枠はずし

年明け

2018/01/16 屋内上下水道配管工事


建築工程へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今朝、小雨の降る中あっという間に、

瓦を仕上げていかれました。

法事もあったので、

写真撮るのも忘れてました。

法事終わって見ると

Cut2017_1104_1123_05

出来てる!

本堂屋根が完全体となりました。

Cut2017_1104_1112_28

新しい瓦は、少し照りが違うみたいですが、

経年変化で、色もなじむでしょう。

そ・し・て、

次は、本堂側壁の工事が待っています。

最近、また、地震が頻繁にあるので心配してます。


神社・お寺巡りランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

現在、本堂屋根修膳工事が行われています。

2017-10-20-08-20-08

平成17年に本堂屋根の大修膳工事が行われ、

その際に、「ハネ木」が一本抜けていると解っていたので、

2017-10-20-08-20-15
2017-10-20-10-35-29


今回、修膳で「ハネ木」を装填することになりました。

ハネ木とは社寺建築の内部構造で外見に出ない、

垂木をシーソーのように↑上方向にハネ上げる様に、

支える柱です。

参考:http://pagoda.sakuraweb.com/pago9.htm

これが↓ ハネ木

2017-10-20-10-33-13
2017-10-20-10-34-35
左側が、軒先側へ 右側が内部へ組み込まれる

2017-10-21-08-14-13



クレーンで持ち上げて

2017-10-21-08-28-53

2017-10-21-08-32-40

人力で中に入れ込む

2017-10-21-14-34-53

台風21号の来る前に何とか組み入れる事ができました。

台風も無事過ぎて、

10月24日現在、コワ葺き中です。

瓦を敷く前の下地で、木の皮(昔の防水シート材)

Cut2017_1024_0736_40

Cut2017_1024_1004_47


神社・お寺巡りランキング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ