山陰倉吉 相性占い 九曜星占盤(くようせいせんばん)

鳥取池田藩城代家老荒尾家菩提寺 満正寺です。 倉吉のパワースポットでもある境内にある。日本最大級のホロスコープ「九曜星占盤」で開運指南しています。これは、相性・人間関係を占うことに長けていて、全国から、恋愛・結婚・仕事の縁組・親子・対人関係の解決の糸口を求めに参拝されます。「一生の指針」と「龍穴」の境内から湧き出る力をお授け頂けることでしょう。

カテゴリ: 庫裡改築工事

今朝、小雨の降る中あっという間に、

瓦を仕上げていかれました。

法事もあったので、

写真撮るのも忘れてました。

法事終わって見ると

Cut2017_1104_1123_05

出来てる!

本堂屋根が完全体となりました。

Cut2017_1104_1112_28

新しい瓦は、少し照りが違うみたいですが、

経年変化で、色もなじむでしょう。

そ・し・て、

次は、本堂側壁の工事が待っています。

最近、また、地震が頻繁にあるので心配してます。


神社・お寺巡りランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

現在、本堂屋根修膳工事が行われています。

2017-10-20-08-20-08

平成17年に本堂屋根の大修膳工事が行われ、

その際に、「ハネ木」が一本抜けていると解っていたので、

2017-10-20-08-20-15
2017-10-20-10-35-29


今回、修膳で「ハネ木」を装填することになりました。

ハネ木とは社寺建築の内部構造で外見に出ない、

垂木をシーソーのように↑上方向にハネ上げる様に、

支える柱です。

参考:http://pagoda.sakuraweb.com/pago9.htm

これが↓ ハネ木

2017-10-20-10-33-13
2017-10-20-10-34-35
左側が、軒先側へ 右側が内部へ組み込まれる

2017-10-21-08-14-13



クレーンで持ち上げて

2017-10-21-08-28-53

2017-10-21-08-32-40

人力で中に入れ込む

2017-10-21-14-34-53

台風21号の来る前に何とか組み入れる事ができました。

台風も無事過ぎて、

10月24日現在、コワ葺き中です。

瓦を敷く前の下地で、木の皮(昔の防水シート材)

Cut2017_1024_0736_40

Cut2017_1024_1004_47


神社・お寺巡りランキング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

前日から小雨パラつく中、

空を見ながら

「こんな~はずじゃ、無かったのに~♪」
 (トシちゃん風ってワカル?)

地鎮式の準備です。

天気もコントロールする男(たいがい雨男)としては、

10月19日未明から雨でしたので、

早朝より急いで、「風神さん・雷神さん」に連絡、

倉吉だけは午後夕方までダケでも、

雨降らせないでくださいとお願いしておきました。

小雨降る中、せっせと準備。

2017-10-19-12-42-18
2017-10-19-12-42-46

ウッズカンパニーの社員さんと、こんな立派な式場ができました。

御昼近くから、雨が止み曇天に、

太陽も雲の中に見える程になりました。

やってくれますね「風神様・雷神様」。感謝申し上げます。


午後2時 総代・ウッズカンパニーの皆さま揃ったところで、

地鎮式を執り行いました。

Cut2017_1020_1204_08

Cut2017_1020_1212_38

Cut2017_1020_1217_01

一般には自宅を建てられる前になさる、地鎮祭は、

神社神主さんの日本神式ですが、『払いたまえ、清めたまえ』と・・・。


お寺では、仏式で行うのは、

仏様から天界八方眷属神様から土地・伽藍の神・

経典の善神様総動員して、

土地のご供養をして諸悪諸災を除き、

諸仏福善神に来てもらってご加護頂く

意味合いの法要です。

満正寺の場合は、「九曜星占盤」の星宿の神様も

一緒にご供養致しました。


何は、ともあれ、雨があがっての

法要ができて良かった!



神社・お寺巡りランキング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

秋の長雨で、

「雨降って・・・」如く

ひと雨ごとに、地盤が閉まる。

本堂からの雨水は、ボタボタと地面に落下地点の印をつくり、

それは、同時に雪の落下地点を示してくれた。

これを、落雪の融雪とU字溝と集水升の位置に使います。


先日、土地に庫裡実寸を落とした。

素人にもこれなら、わかりやすい。

解体した土地を丸々使う感じです。

今回の建物は、とにかく通路が広く取ってある。

僧侶の衣は広がるので、行事になるとすれ違うことも考慮していますし、

参列者人数も、定刻に合わせて一気に増加する「パブリックスペース」と

なるでしょう。

雨の多い山陰ですから、玄関のポーチは、傘をさす助走区間として、

屋根囲いを付けた状態にしてあります。

Cut2017_0523_1059_15

全体をパノラマで撮影し完成図の向きに置く
Cut2017_1008_0823_06

外トイレ側から
Cut2017_1008_0830_28

地鎮式(起工式)を10月19日に行う予定です。



神社・お寺巡りランキング




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

以前からある池の手前に、池が出来てる???

2017-09-25-16-13-26

何?これ?

地下水が湧いてあっという間に、池が出現。

2017-09-25-16-13-15

現存している池は、昔(江戸・明治時代)は、倍以上の池が庫裡を囲むようにあったそうだ。

寺は、水が容易に手に入る地が望ましかったそうですから、

地下水の豊富な地・悪く言えば湿気地(しけぢ)なわけです。

もっと、昔は、この地は、小鴨川の淵であったとか、

そして、白鳥(天女)が舞い降りる地であったそうで、

秋葉山の石が天女の舞い降りた岩のいわくがある。

天女と恋仲になった、男はひと山越えた打吹公園側にいたそうな・・・。

そんな文献は残っては無いんだけど、

昔の人から聞いたお話ですいな。


そうこうして、ほぼ上物が撤去されました。

表側から
2017-09-25-16-39-59

裏側から
image

地ならし、していきます。


神社・お寺巡りランキング


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

台風18号の進路が気になります。

昨日、一日で本堂の切り離しをしました。

この部分は、本堂屋根の雨雪が落ちるので、

屋根が傷んで雨漏りと幾度となく修膳を繰り返してきました。

2017-09-14-08-26-43

2017-09-14-10-24-42

2017-09-15-06-20-13

台風が来るので、ブルーシートで養生をして、本堂屋根と外壁工事に向かう。

2017-09-15-06-20-53

この部分に雪を落とす。

Cut2017_0901_0847_06
さて、計算通り雪は落ちるのでしょうか?今年の冬の降雪時には実測です。


神社・お寺巡りランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

本日13日は、日本晴れが期待できる天気です。

朝も清々しく、お彼岸の準備を始めたところです。

さて、

昨日まで、まんがよく雨がパラつく天気で空気も湿っぽい、

ココを狙ってか?、合掌の屋根の解体に入りました。

屋根は、雨で滑りますが土埃が舞うのを抑えるため、

かえって都合がいいわけです。

瓦、土、杉皮、垂木と剥がしていきます。

2017-09-11-14-17-33

2017-09-12-08-02-39

2017-09-12-11-07-10

2017-09-12-13-29-18

2017-09-12-16-27-00

天気が回復した、昨日12日夕刻には屋根部分は撤去されました。

明日は、本堂接合部の屋根の撤去と本堂との切り離しを予定しています。





神社・お寺巡りランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ