山陰倉吉 幻の相性占い 九曜星占盤 9 stars horoscope of the world

鳥取池田藩城代家老荒尾家菩提寺 満正寺です。 倉吉のパワースポットにある。日本最大のホロスコープ「九曜星占盤(くようせいせんばん)」で開運指南しています。これは、相性・人間関係を占うことに極めて優れていて、全国から、恋愛・結婚・仕事の縁組・親子・対人関係の解決の糸口を求めに参拝されます。「一生の指針」と「龍穴」の境内から湧き出る力をお授け頂けることでしょう。

タグ:倉吉観光情報

先般、オープンした「円形劇場」へ、

プレオープンでご招待されたので、行ってきました。

倉吉市観光計画では、鍛冶町一帯を「九曜星占盤」と「円形劇場」で、

クール地区として今後推進していくのだとか・・・。



昔の写真を見ると、懐かしいですね。

S__8724497
旧明倫小学校 写真左部分が満正寺境内

Picture2
S50年代に満正寺前の道路(市役所線)の拡張が始まる。
写真左上部分が、満正寺境内

そして、学校の移転があり、月日は流れ、

耐震性がなく、老朽化で校舎解体か?との憂き目に遭い、

それでも、鳥取中部地震にビクともしない所を証明し、

この度の再出発には、感慨深い方が多くいらっしゃることでしょう。

それが、この雄姿

S__8724482

S__8724484



S__8724492

S__8724490

S__8724486

続いて、屋上へ



4月7日 OPENです。

倉吉へ是非おこしください!


神社・お寺巡りランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote







 私は、この円形校舎最後の1年生でした。

この円形校舎で最後の入学式を迎え、記念写真(白黒(^_^;)

Cut2018_0403_0943_57

夏休み明けの、2学期からは、

現在の地へ引っ越し、

私は、この時、虫垂炎で入院してしまい、退院したら、

引っ越しが終わっていて、私の上履きが引っ越しせずに、

置いてけぼり、閉った円形校舎下駄箱へ、

上履きを取りに行った思い出がよみがえります。

忘れ物しても、隣なので、川を飛び越えて取りに帰ったり。

思い出の校舎です。

そんな校舎が、この度この様に復活しました。

末永く倉吉の観光スポットとして、隆盛を誇る、館であって欲しいです。

やっぱり、円形校舎には、子供が良く似合う・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

最近、電話で問合せがあります。

当寺が、「縁切り寺」であると、他のサイトから紹介されたり、

倉吉の「ほどき紙」や「リセットの旅」との情報が、

あいまって、満正寺=「縁切り寺」になっているのだと思います。

当寺が、そうとか断言しても、

御利益があってのことなので・・・。

祈願主が叶えられればいいだけのこと。

当寺は「心願成就」の寺

心からの願いを祈願することで「縁切り」も可! 

と、以前掲載したところ、反響が大きく。

方法がわからない!

どうやればいいんですか?

教えてください! お寺へ行けばなんとかなるのですか?

霊や、金縛りから縁切りたい・・・etc

そうですか・・・本気でなさりたい方へ

今秋(平成30年秋)に新しい祈願方法をご披露致します。

それは、新庫裡ができないことには、皆様へ祈願の説明と、

祈願の参拝者(みなさま)が清浄な気持ちで居て頂く、

世間と隔離された空間を準備できないからです。

全国から、お悩みのある中お待ち頂くのは、心苦しいのですが、

ご了承ください。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

h271231

小学時代、先生に言われた

『新聞に載る人間にならな いけんよ!悪いので載る人間になったら いけんよ!」

新聞に載るたび思い出す。

恩師も、多くが彼方へ逝かれ

賀状を出すことなく 古い短い文を読み返すのみ。

「郷土に何ができるか?」

それは、恩師からの問いでもあります。



神社・お寺巡りランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

秋も深まる倉吉は、

悲恋を癒す、いやしろ地、

『誰ぞ彼は』と、たそがれて、

『彼はいずこ』と、たそがれて、

星をたずねに参りましょう。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ