山陰倉吉 幻の相性占い 九曜星占盤 9 stars horoscope of the world

鳥取池田藩城代家老荒尾家菩提寺 満正寺です。 倉吉のパワースポットにある。日本最大のホロスコープ「九曜星占盤(くようせいせんばん)」で開運指南しています。これは、相性・人間関係を占うことに極めて優れていて、全国から、恋愛・結婚・仕事の縁組・親子・対人関係の解決の糸口を求めに参拝されます。「一生の指針」と「龍穴」の境内から湧き出る力をお授け頂けることでしょう。

タグ:鳥取中部地震

image
倉吉は、もう普段の朝を取り戻しました!

のんびり復興に取り掛かっています!

「しわいぜ!くらよし!」


さて前回、ガスで煮炊きするアイテムでしたが、

ガスの非常時利用の一つに、LPガス(プロパンガス)

田舎は、都市ガスの配管がありませんから、

各家庭にガスボンベが設置されています。

ガスは、毎月充填交換されていますから、そうそう無くなることはありません。

これを非常時に利用する、または、他所から回収利用することが、

可能になります。

コンロは、もちろんですが、

以外とよく知られていないのが、発電機です。

油系の発電機はおなじみですが、

鳥取中部地震に役立ったアイテム


これで、家庭用電源が使えますから、もしもの時は「安心」の切り札となります。

お寺では、飲料水井戸のポンプの電源として準備してあります。

使用してみると、油系よりむしろこちらの方が、

手も汚れませんし、匂いも少ない、安全でお手軽です。


こんな感じで、被災後約3日間、

電気・ガス・水をどうリカバリーするか?

準備してきたアイテムは大活躍して不便はありませんでした。



最後に、原始的なアイテムも大活躍しました。

ケリーケトル お湯沸かすならこれですね。

鳥取中部地震で役立ったアイテム


ステンレス製(アルミもありますが気になる方!)、最大1.6L、お湯は多い方がいいです。

注意:使用時に取っ手が、煙突(火の)上部に来るので、素手での扱いは危険です。

取っ手横の類似商品が
アルミ製 1.2Lのものがあります。お湯が入れやすい


震災前日も、なぜかこれを使ってお湯を沸かしていましたから、

今となっては、予行演習?!してたようです。

少量の木端(ダンボール・紙等)で、5分もあれば沸きます。

炉を組むこともなく、自然の物で素早く湯を沸かせます。


その他、

ランタン・照明は、LED・乾電池物(就寝中も点灯させる、乾電池が手に入れやすい事)

テーブルは、鍋等、熱いものが直に置ける物。

今回の鳥取中部地震は、南海トラフの前兆とも言われ始めています。

こういった物を、かしこまって準備すると、使わなかったらムダと、

発想してしまいがちですから、

是非!趣味の一環として

ウォーキング・ハイキング・釣り・ドライブ

アウトドア、BBQの道具と併用して、平素から準備していってください。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この地震は、満正寺開山以来最大の地震かもしれない。

昨日、荒尾家墓所に上がってまいりました。

場所はここ↓


地震前は、初代から10代までの倉吉領主の大墓標が立ち並ぶ

荒尾家霊廟でした。
araohaka

それが、今回の鳥取中部地震で、


2016-10-30-14-49-58

2016-10-30-14-50-30

2016-10-30-14-50-51

2016-10-30-14-50-56

2016-10-30-14-51-19

2016-10-30-14-51-14

2016-10-30-14-51-24
2016-10-30-14-51-33

2016-10-30-14-51-07

2016-10-30-14-50-41

かろうじて、墓標が立っているといった感じでした。

満正寺伽藍・境内を守る為に、身を挺したような武士の姿に見えました。

遺産が地震で潰されて行くのが、世の常かもしれませんが、

ここは、九曜の力を復興の力にせねばなりません、

この様な惨状ですので、

皆さまのお力添えをお願い致します。


九曜星占盤にお参りした際には、

是非! 満正寺復興募金にご協力お願い致します。



Cut2016_1028_1335_46


このほど、鳥取県中部地震において

開基:荒尾家霊廟の全高3メートルを超す墓碑4基が倒壊しました。

九曜星占盤を伝える、殿様の墓が倒れました。


これは、倉吉市重要文化財ですので、

今後、倉吉市との協議により復旧がされると思われますが、

多額の修復費が必要と予想されます。

全国の皆さま、

以前より、満正寺九曜星占盤の御縁のある皆さま、

是非とも、皆さまの御支援をお願い致します。


只今、境内に設置します募金所でお願い致します。


この他、募金方法は、現在準備致しております。

今後、お知らせ致しますので、

まずは、お願いまで。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

image

鳥取中部地震での飲食に使ったアイテムをご紹介します。

準備する物の考え方として、

非常事態が起きるのに、夏か冬かでリスクが違いますから、

リスクが大になる、寒冷の冬に重点を置く事がポイントになります。

今回は、鳥取中部地震は季節が晩秋、やや寒くなるところでしたので、

暖房までは、必要無かったですが、

電気・ガスが止まる想定として、

普段使いからお寺では、

これを使っています。


鳥取中部地震で役立ったアイテムです。


「石油コンロ」昭和の遺産みたいな代物ですが、

煮炊きも出来て、暖も取れて、電気もいらない、自動消火と、

その上、燃費もいい!

至れり尽くせりの暖房器具なんです。


これと、同様のカセットガス(CP)用が、これ

鳥取県中部地震で役立ったアイテム


燃焼面を立てると暖房にも使え、寝かせると調理にも使えます。


飯盒でご飯を炊いてみました。

燃焼面が広いので、飯盒の底全面が熱せられるので、上手にご飯が炊けました。

カセットガスは、手軽で手に入れやすいですから、

調理道具としても、2台・3台あった方が、

ご飯用 味噌汁用 フライパン用でも便利ですね。

鳥取中部地震で役立ったアイテム


鳥取中部地震で役立ったアイテム


後の2点は携帯用に便利ですから、

災害用袋に入れておいてもいいです。

カセットガスは、安売りの時に、備蓄するよう心掛けた方がいいですね。

寺には、今回震災時には、3本セットが3つ備蓄してあり、3日間十分賄えました。

実際コーヒーのお湯を沸かすのに、小鍋やシェラカップで、手軽に沸かせます。

カップヌードルを作る時、大活躍でした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ